そばかす治療にはどんな薬が処方される?

治療薬には塗り薬と飲み薬がある

そばかすはシミとよく似た発生のメカニズムを持つ肌トラブルで、メラニンという色素の沈着が原因で起こります。メラニンを抑制するには日常的なスキンケアがある程度有効ですが、根本的な改善を目指すなら、皮膚科等の医療機関で治療薬を処方してもらうという手段もあります。そばかす対策の治療薬には、大きく分けて外用薬と内服薬の2種類があります。このうち外用薬によく用いられるのが、ハイドロキノンとトレチノインです。どちらも軟膏タイプの薬で、そばかすのある部位に直接塗って使用します。ハイドロキノンにはメラニンを生成するチロシナーゼという酵素の働きを抑える作用が、トレチノインには表皮細胞の新陳代謝を促す作用がそれぞれあります。

内服薬の主な有効成分

一方、そばかす対策の内服薬によく含まれている成分としては、トラネキサム酸を挙げることができます。この成分にはメラニンの発生に関係している情報伝達物質の活動を抑える働きがあります。また、ビタミンC及びビタミンE、並びにL-システインも見かける機会の多い有効成分です。ビタミンCとビタミンEはいわゆる抗酸化物質であり、肌にダメージを与えるもととなる活性酸素の発生を抑制します。L-システインは、ビタミンCの活動を助ける働きを持っています。こうした成分のうちのいくつかは、ドラッグストアなどで手に入る市販薬にも含まれています。ただ、処方薬は市販薬に比べると一般に含有量が多めであるため、取り扱いに注意が必要である反面、高い治療効果が期待できます。

© Copyright Freckles Skin Troubles. All Rights Reserved.